不動産 | KURAGE online

不動産 | KURAGE online

「 不動産取引 」 の情報 

クラウド型 不動産オークションシステムの提供を開始

不動産取引の主流となっている相対取引に必要な価格査定は、過去の取引事例や ... 【不動産仲介業者・売主・買主の三方が納得できる価格決定の場】.

クラウド型 不動産オークションシステムの提供を開始

不動産取引の主流となっている相対取引に必要な価格査定は、過去の取引事例や ... 【不動産仲介業者・売主・買主の三方が納得できる価格決定の場】

美術品は償却資産だが…なぜ「アート投資」は成功しにくいのか

アート作品はすぐに値上がりはしない. アートの取引は不動産取引に似ている. 投資目的でアートを購入する場合、少し注意していただきたいこと

都市計画法、建築基準法…不動産に関する「法令上の規制」

不動産取引を行うにあたっては、都市計画法や建築基準法によって定められた規制をしっかり把握し、正確に理解しておくことが重要です。

1Qの不動産取引、工業ビルが53%占める

香港で工業ビルの取引が気だ。カナダ系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルによると、第1四半期(1~3月)の不動産取引の

不動産の「事故物件」、病死は対象外、自殺は... 初の指針案で意見公募を開始

不動産取引や賃貸借契約で、前の入居者らが物件内で死亡した「事故物件」について、国土交通省は「自然死の場合は告知の必要なし」とするなど、

「事故物件」ガイドライン案を国交省が公表 病死・老衰が対象外の理由

不動産取引の際、その不動産で過去に生じたの死に関する心理的瑕疵(=不動産物件の取引に当たって、借主・買主に心理的な抵抗が生じる恐れの

「事故物件」のガイドライン案を国交省が初作成…他殺・自殺は“告知必要”、病死・老衰は“対象外 ...

不動産取引の際、その不動産で過去に生じたの死に関する心理的瑕疵(=不動産物件の取引に当たって、借主・買主に心理的な抵抗が生じる恐れのある

自宅に「家を売りませんか?」というチラシが入る怖い理由

何かと黒い噂が絶えない不動産業界。7年間で約500件の不動産取引の経験を持つグランドネクスト株式会社代表・小島優一氏は、物件の売却を

宅地建物取引業者による人の死に関する心理的瑕疵の取り扱いに関するガイドライン案 ...

不動産取引に際して、当該不動産で過去に生じたの死に関する心理的瑕疵について、適切な告知や取扱いに係る判断基準がなく、取引現場の判断が

Copyright© 不動産 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.