不動産 | KURAGE online

不動産 | KURAGE online

「 住友不動産 」 の情報 

リモートワークの限界、オフィスの必要性が浮き彫りに?予想に反して高まる都心マンションのニーズ

例えば住友不動産が手掛ける有明の新築タワマンでは、1億超えの角部屋がほぼ完売、営業担当者も“テレワークの普及も相まって買い控えが起きるの

「内陸」「駅前」タワマンが高評価/住友不

住友不動産(株)は16日、今年6月に竣工した分譲マンション「シティタワー武蔵小山」(東京都品川区、総戸数506戸(うち非分譲住戸186戸))を

住友不動産 タワマン「シティタワー武蔵小山」が竣工

住友不動産は、地権者ならびに参加組員として事業推進している「武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業」(東京都品川区小山三丁目)

住友不動産/住宅・商業・公益の複合施設「シティタワー武蔵小山」

住友不動産は7月13日、住宅・商業・公益の複合施設「シティタワー武蔵小山」(東京都品川区)が完工したと発表した。 <シティタワー武蔵小山>

札幌の今、解体ノート⑤中央区宮ケ丘3丁目「ルーブル富士神宮外苑」

宮ケ丘地区では、住友不動産やNIPPOがマンション建設を計画、三井不動産レジデンシャルは既に着工している。宮ケ丘地区は新陳代謝の渦中にある。

「8期連続で最高益」テレワークが普及しても住友不動産のビルが満室御礼であるワケ

経済評論家の加谷珪一さんは「住友不動産の主力はオフィス事業。テレワークの普及でオフィス需要そのものは減ったが、住友不動産の所有するような

「8期連続で最高益」テレワークが普及しても住友不動産のビルが満室御礼であるワケ

好業績を牽引したのは意外にもオフィス事業. コロナ危機によって日本経済が大打撃を受ける中、住友不動産の業績が好調だ。 2021年3月期決算では

【東大阪市】イズミヤ若江岩田店跡は『住友不動産』のマンションを建設予定、建物が完全に解体 ...

以前『イズミヤ若江岩田店』の建っていた場所に、『住友不動産』のマンションが建設が予定されています。2021年5月中旬に建設現場を見る

住友不動産 シティタワー大濠の施工不良のその後(後)

住友不動産・熊谷組は希望する住戸は買い取ると言っているが、このマンションは立地が良いため売買相場はかなり高いにも関わらず、買い取り金額は

住友不動産の新施設「京都河原町ガーデン」、地価下落でも勝算の裏に“長年の悔い”

地価13.9%下落エリアの近くで新商業施設を4月にオープン. 住友不動産が商業施設、京都河原町ガーデンをオープンする. 国土交通省が3月24日に

Copyright© 不動産 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.